メニューを飛ばして本文へ ▼ メニュー ▼
ホーム  スーパーライブ  視覚情報サポートラジオ  プロフィール  作詞作曲講座  ポエム
本文はここから

【2020年12月16日】
 おはようございます。今日は「紙の記念日」です。1875年(明治8年)12月16日に、東京・王子の製紙会社「抄紙会社」の工場開業式典が行われたことに由来しています。
開国語間もない明治初期、政府はなんとか西洋諸国に追いつこうとします。そこで日本の文明向上には本の普及が必須と考えていた実業家・渋沢栄一は、出版事業を興すために迅速な大量印刷が可能な「西洋式印刷機」と「洋紙」が必要であるとして、イギリスから印刷機を導入し、3か月の試験生産を経て開業に至りました。
そう、そこで開業した製紙会社が、「現在の王子製紙というわけです。王子製品の身近なところではティッシュペーパーのネピアが知られています。→お、マエケンも毎日鼻をかんだりとお世話になっています♪ あ、いや、トップバリューだったな、うちは(^^;
 さて、実はその渋沢栄一の尽力により、東京ガス、東急、東証、帝国ホテル、東洋紡、キリンビール、サッポロビールなど、現在の大企業の多くが設立されています。→すごいですね、日本を作ったと言っても過言ではないかも♪特にビール会社(笑)
そこで、2024年(令和6年)上半期から渋沢栄一が新1万円札の顔になることが決まりました!
 さてマエケンが気になったのは新しい紙幣の大きさはどうなるのか?です。というのも目が見えないと、レジでおつりをもらったり、支払ったりする際、紙幣の大きさには微妙な違いがあり、それを手がかりにすることもあるからです(ただ微妙なので、紙幣同士を重ねて比較しないとマエケンには難しいです…)。
ちなみに、その現在の紙幣の大きさですが、縦はすべて76mmと共通です。そして、高額紙幣ほど長くなっています。
千円札が150mmで、一万円札が160mm。5千円札はその間の156mmです(あ、一応2千円札は154mmです)。
なんと1万円札と千円札の大きさの違いは横幅1センチもあります!でも5千円が微妙でわかりずらいのには、うん、納得です(^^;
はい。結論から言いますと、新紙幣の大きさには変更はありません。→おー!よかったよかった♪ちなみに、2千円札は新しくならないそうです(^^)
今日はそんな「紙の記念日」に、財布の中のお札を比べて、身近なお札の存在価値を確かめてみるのもいいかもしれません。
さあ、今日も一日元気に頑張って行きましょう!

【2020年12月15日】
 おはようございます。今日は「観光バス記念日」です。1925年(大正14年)のこの日に 東京乗合自動車により日本初の定期観光バスである「ユーランバス」の運行が開始されたことが由来だそうです。
その運行ルートは皇居前から始まり銀座を経由して上野へ向かうものだったとか。現在の観光バスといえば「ハトバス」などが有名ですが、大正時代から昭和初期にかけての観光バスといえば「ユーランバス」が有名だったそうです。
しかし1940年(昭和15年)9月18日には運行が終了してしまいます。まだ太平洋戦争開戦の一年以上前なのに、すでに日中戦争が長引いていた影響など、いろいろとお国の事情は厳しかったのでしょう(^^;
 ちなみに、路線バスはサービス定員が70~80名に定められているのですが、ギュウギュウに乗り込んでも、60名くらいが限界だそうです。→まじか!あの押しつぶされそうになって乗車させられたのはそういうことだったのか…(^^;。定員決めたのってこれ以上は乗せられないだろうと見越して決めたんじゃあ…(^^;
 視覚障害者が路線バスに乗車するのはマエケンの経験上、かなり難易度が高いです。まずどこでバスを待って良いのか?どの人の列が正しいのか?止まったバスは本当に行きたい方向に向かうバスなのか?→ん?あれ?これ見えてる人でも不安になるときないですか?見えない人にはもうスーパーアドベンチャーですよ!(^^;
マエケンが高校生の頃(当然白状はもっていないけど、視野がかなり狭いと想われる時代)、通学でバスに乗るため、並んでいるつもりだったんだけれど、どうも脇から並んでいたみたいで、後ろに何人も列が続いていたことに気がつかなかったことがあります(たぶん、これ何回かあったんじゃあないかな…)。
それでバスがきて、人の流れにのってしまい、つまり列に割り込み常態…。そしたら後ろにいた怖いおじさんに胸ぐら捕まれて、「てめえ、なめてんのか!」って言われて殴られそうになったことが…(^^;。まあそんなことが何度かありました(笑)。いやいや、ちゃんと謝りましたよ♪これも昔懐かしのエピソードです、今となってはいい想い出です!
はい。ということで、もしバス停で、白杖を持っている人がいたら、ぜひ注意して見てあげてください。場合によってはお声をかけたほうがよいかもしれません。皆さんのあたたかい一言で、その日誰かが救われるかも知れません。どうぞご協力よろしくお願いします!
さあ、今日も一日頑張って行きましょう!
盲目のシンガーソングライター マエケンのポエム(過去のレビュー)→ Poem007 もう回らない
:ここで出てくるハムスターの「ケンピー」は、今も朝晩ご飯を食べて元気です♪ちなみにサリィもハムちゃん飼っています♪なんだろう。やっぱりハムちゃんはみんなにとって癒しだなきっと…(^^)

【2020年12月14日】
 おはようございます。今日は「赤穂浪士討ち入りの日」です。元禄15年12月14日(1703年1月30日)、大石内蔵助率いる赤穂浪士が、吉良上野介邸に討ち入りました。芝居やドラマの「忠臣蔵」であまりにも有名な、元禄赤穂事件です。まさに今日はその日なのです。
いやあ、マエケンは「忠臣蔵」が大好きで、年末年始は特番があれば見てしまうほど(^^;。この話はここで書いていたら日が暮れてしまうので、気になった方はぜひDVDや動画、書籍などを見てください♪ あ、詳しく書けずすいません(^^;
 ただここで確認しておきたいのは、旧暦の12月14日が討ち入りの日であり、今の暦で言えば1月30日であるということ。しかも、赤穂浪士らが吉良邸に討ち入ったのは午前4時頃。現在の感覚では日付が変わって12月15日、つまり今の暦の1月31日ということになります。
えー!なんで12月14日にしてるの?→実は当時は朝日が昇ると日付が変わると考えていたのです。午前4時では夜明けまでまだ2時間30分はありました。そこで当時から一般に12月14日とされ、世間で認識され続けてきた結果なのでしょうね(^^)
廃藩置県後、赤穂藩領であった地域の大部分は、岡山県となりますが、その後、兵庫県に編入されます。なので、地理的には岡山県と隣接している所になります。あ、岡山県と言えば「点字ブロック発祥の地」です!お、もしかしたら赤穂浪士が点字ブロックを歩いて、東京まで討ち入りに行けるように作ったのかな?(笑)
さあ、今日も一日頑張って行きましょう!

【2020年12月13日】
 おはようございます。今日は「ふたごの日」です。1874年(明治7年)の今日、「ふたごの場合は、先に産まれた方を兄・姉とする」という太政官指令が明治政府から出されたそうです。
それまでは、後に産まれた子を兄・姉、先に産まれた子を弟・妹とする慣習が見られていたとか。え、何で?→「兄(姉)ならば先に母の中に入ったので奥にいるはずであり、後から出てくるはず」、「弟(妹)が兄(姉)を守るため、先に露払いとして出てくる」などの考え方が、江戸時代から明治時代初期にあったからとのこと。おー、そ、それは、なるほど!
うーん、きっと、これも西洋化の流れなのでしょうね(^^;。マエケンとしては、古い考え方のほうが、何か道徳的に、的を射ている気がします。「兄や姉が先にお母さんの中に入っている(=威厳の確率)、弟や妹は兄や姉を守るために先に出る(=兄弟愛の芽生え)。」。なんと美しいではありませんか!(^^)。現在は戸籍法により、出生届出・出生証明書に産まれた順で記載することが定められているそうです。
 マエケンは塾講師という職業柄、結構ツインを見てきました。一卵性、二卵性とパターンがある中で、二卵性は見た目だけでかなり違いが判断できるのですが、一卵性は、もう漫画かアニメかっていうくらい似ていて最初は本当に戸惑いました。だって親が間違えるって言うんだから本当、こっちは一週間に二回くらいしか会わないし難易度が高すぎます(^^;
ただマエケンは網膜色素変性症のため、途中からものすごく見えにくくなっていたので、二卵性でも、見た目で判断がかなり難しく、「声」が大きな判断材料になりました。ただこの「声」も実際はかなり似ていて、これをどう見分けるかというと、「大人っぽい方がAさん、子供っぽい方がBさん」みたいな、おそらくはその子のもっているオーラみたいなもので判断していたのだと想います(^^)
これを職場の同僚に言った時、「あーそうそう、大人っぽい方が妹さんだよ♪」みたいなリプライが返って来たことを思い出すと、見える見えないは関係なく、どこかで、人はその人のオーラというか雰囲気みたいなものを感じているのだなあと想いました。もしその違いの根源が、魂というものだと言うのであれば、きっとそうなのだろうと想います!
さあ、今日は日曜日、しっかりとお風呂に入って、体だけでなく、心の洗濯もしましょう!また明日から、新たな一週間が始まりますよ♪

【2020年12月12日】
 お早うございます。今日は「漢字の日」です。財団法人日本漢字能力検定協会が1995年(平成7年)に制定した記念日です。12月12日を、「いい字一字」と、語呂合わせになることにちなむんだとか。
日本漢字能力検定協会では、毎年その年の世相を象徴する「今年を表現する漢字(今年の漢字)」を全国から募集し、この日に併せて、京都市の清水寺で発表することになっています。→お、テレビでよくやってるあれか!
今年は何になるのかな?コロナだろうなたぶん…。あ、でも漢字じゃあ書けないし、うーん、わからない!視覚情報サポートラジオ的には「箸」なんですけど(笑)
視覚情報サポートラジオが始まったきっかけが、まさに「漢字」だったわけで、今日はそういう意味では大事な日だと想います。え?どういうこと?って想ったあなたはもう一度ここで再認識しよう!
 中途で目が見えなくなると、どうしても漢字を忘れていき、やがては全部ひらがなで考えたり、かいたりしはじめる。見えている人でさえ、怠慢になれば同じことだけれど、やはり目ですぐ確認できる晴眼者は圧倒的にこの漢字の再認識のプロセスは有利だと考えます。
考えてみてください、日常私たちがしゃべっていたり、考えていたりする言葉は無意識に「漢字」を脳裏でイメージしているはずです。これは今こうして文字を見ている、「見えている人」は気がつきにくいのですが、目をつぶって言葉を考えると、必ずそこに漢字があるはずです。
こういった傾向が顕著になると、本来漢字をイメージ化していた脳内の作業の負荷が下がり、物忘れや痴呆症につながるだけでなく、本来培ってきた漢字で物事を考えるという文化的な生活を送ることにも支障が出始めるかもしれません。
 そこで、中途で視覚に障害を負った方々のQOL向上につながればと、「文字を形に」をコンセプトに、「あの漢字はこうやってかくんですよ♪」っていう講座が始まったわけです。だから、視覚情報(目に見える情報)をサポート(支援)するラジオ、つまり「視覚情報サポートラジオ」と言うわけです。
勿論、今では番組内容が多様化しているので、「なんで視覚情報?視覚障害サポートラジオじゃないの?」ってよくつっこまれますけど(^^;。そこは番組立ち上げのコンセプトなので今後も変更の予定はありません(^^)
さあ、今日はぜひ、ふと考えた日常の物事や、目に入った者を漢字でイメージしてみてください。これは書かなくてもイメージするだけでいいです。あ、もしうまく出てこなかったら、「見えなくてもわかる!漢字講座」のお題にリクエストお願いします!

【2020年12月11日】
 おはようございます。今日は「百円玉記念日」です。1957年12月11日、補助貨幣として戦後最初の百円硬貨が発行されたことに由来しているそうです。
その当初の100円硬貨は、なんと素材が銀で図柄は鳳凰でした!1959年 には鳳凰から稲穂へと図柄が変更になり、1967年に現在の100円硬貨(素材は白銅と 呼ばれる銅とニッケルの合金で、図柄は桜の花三輪)へと変更になったのでした。
 視覚に障害があると、お金を出すときに、手に取った硬貨がいくらなのかわかりにくいのですが、実は大きさや形、側面にあるギザギザで判断することは可能です。特にギザギザがあるのは100円玉と50円玉、ないのは10円玉と5円玉。マエケンはこうして覚えています。なのでギザ10があったら大変です(^^;
あ、知ってましたか?100円硬貨の側面にあるギザギザ、全部で103個あるんだそうです。ちなみに50円玉は120個あるとか。すごい、誰が決めたんだろう?造幣局か(^^;
 今日は最後に、あの盲目のシンガーソングライター・福本淳さんの「お金の見分け方」に関する動画をご紹介します!福本淳さんには視覚情報サポートラジオの音楽コーナーにご出演していただいたり、今回のスーパーライブ2020でのご出演にも、大変前向きに対応していただき、結果はご出演ができなかったものの、マエケン含めスタッフ皆感謝しております!どうぞ今後ともよろしくお願いします!


【2020年12月10日】
 おはようございます!今日は「視覚情報サポートラジオ Neo! 第1回 箸」の放送開始日です(^^)。箸を漢字でどう書くのか?新番組はまた新しいテイストでお送りしていきます。ご視聴よろしくお願いします!


 新番組Neo は、『文字を形に!』をコンセプトにした「見えなくてもわかる!漢字講座」を基軸に、視覚に障害をかかえつつも、音楽活動を続ける日本全国のアーティストをバックアップするため、「音楽コーナー」にて、そのアーティストのプロフィールや活動のご紹介及び楽曲配信を行っています。
また番組は5つのコーナーに分かれています。ナビゲーターのししゃもにより番組は進行し、サリィが、各コーナーを担当するのが基本パターンです。
マエケンとマツケンは、新番組では裏方に回って番組を支えていきますが、漢字コーナーの前におしゃべりしに登場するなど、様々な場面で顔を出すことがあります。
知っておきたい情報コーナーでは目に関する情報で、新聞やニュース、ウェブ記事など、視覚障害者にとって有益であろうものを一つチョイスし、視聴者とその情報共有をしていきます。
今回は、iPs細胞を使った網膜の、世界初移植が情報共有のテーマ。
ご紹介コーナーでは、視覚障害者を支援する個人・団体及び、視覚障害者を支援する本番組に関係する方々で、公共性の高い方々をご紹介していきます。
今回は、千葉・戦争体験を伝える会の代表、市川まり子様からの、同会のご紹介文を読み上げます。
また新たに「実録・視覚障害者として生きる」の朗読コーナーが加わっています。視覚障害者がどのようにして障害を負い、それとどう向かい合ったのかなど、視覚障害者同士でもあまり知らないそれぞれの個々の視覚障害にまつわる体験談を朗読という形で再現し、お伝えしていきます。
今回は、千葉県千葉市在住の男性、網膜色素変性症の方のエピソードです。
最後の音楽コーナーでは、プロ、アマを問わず、日本全国の視覚に障害のあるアーティストのご紹介を行っていきます。番組はその放送月まで、HPやSNSなどでPR活動を継続します。
今回は、高校生シンガーソングライター Ko-seiさんのご紹介です。

【2020年12月9日】
 おはようございます。今日は「国際腐敗防止デー」です。2003年(平成15年)の今日、メキシコのメリダ会議において「国連腐敗防止条約」が調印されました。この条約は公務員や国際機関職員などによる贈収賄・横領などの汚職・腐敗行為から生じる経済犯罪を防止するために設置されたとのこと。これを記念して国連が制定したこの国際デーは、汚職・腐敗行為の撲滅を呼びかける日となっているそうです。
世界で汚職が少ない国のランキング第1位はニュージーランドだそうです。この国に入植した人たちにクリスチャンが多かったのが理由の一つとか。ちなみに日本は20位だそうです。ん?もっと低そうだけど(^^;
 人間は弱い生き物だと想います。権力にあぐらをかいてしまったら、もう抜け出せなくなる…。上に立つ人ほど、エゴを捨てられる人でないと、周りはついていかないと、マエケンは想います。
いよいよ明日は12月10日、新番組・「視覚情報サポートラジオNeo!の放送開始記念日」となります!どうぞよろしくお願いします!
さあ、今日も一日頑張っていきましょう!

【2020年12月8日】
 お早うございます。今日は「太平洋戦争開戦の日(真珠湾攻撃)の日)」です。1941年(昭和16年)12月8日午前3時19分(現地時間7日午前7時49分)に、日本軍がハワイ・オアフ島・真珠湾の米軍基地を奇襲攻撃し、3年6箇月に及ぶ太平洋戦争が始まりました。
「12月8日午前零時を期して戦闘行動を開始せよ」という意味の暗号電報「ニイタカヤマノボレ1208」が船橋海軍無線電信所から送信され、戦艦アリゾナ等戦艦11隻を撃沈し、400機近くの航空機を破壊して、攻撃の成功を告げる「トラトラトラ」という暗号文が打電されたとのこと。
 マエケンが実は知らなかったのは、あの「ニイタカヤマノボレ」が千葉県船橋市から発信されていたということ。開戦の合図とも言える暗号が千葉から出ていたとは…何か複雑な気持ちになります。
「あのような悲惨な戦争を二度と繰り返してはならない、あんな思いを子や孫、その先の世代には絶対にさせたくない」という、千葉・戦争体験を伝える会の設立当初の想いに、今日改めてマエケンは共感しました。
さあ、今日今私たちがこうして、歌や演奏が安心して出来るのも、平和な時代に生きているからこそなのだと、ピアノやギター、歌が歌いたくても叶わず、この戦争に散っていった数多くの方々の無念に心を寄せて、今日はあなたの大事な歌や曲を奏でてみませんか?
 さていよいよですが、視覚情報サポートラジオNeo!(第1回)のアップは12月10日(午後)を予定しています。今のところ変更予定はありません。今しばらくお待ちください!
盲目のシンガーソングライター マエケンのポエム(過去のレビュー)→ あの波のように

【2020年12月7日】
 お早うございます。今日は「クリスマスツリーの日」です。1886年(明治19年)12月7日、神奈川・横浜の明治屋で日本初のクリスマスツリーが飾られたことにちなんで制定された記念日だそうです。そのツリー、総合輸入商として雑貨などの販売を行っていた明治屋が、外国人船員が、日本でもクリスマスツリーが楽しめるようにと飾ったものだとか。
クリスマスツリー自体は小さいものでしたが、日本で新しい西洋文化に触れる機会を作ったことが大きな注目を浴び、連日多くの人が訪れたそうです。それ以後、付近のデパート等の店先でもクリスマスツリーが飾られるようになり、12月の中旬辺りからクリスマスツリーを飾る習慣が全国的に広まっていったとのこと。
 いいですね、クリスマスツリー♪マエケンの家にもあります。あ、今日出さないと! うちのはミニですけど(^^;。でもうちのケンピーがツリーを光らせるとびっくりするので、光らせるのはやめておこう(^^)
さて、12月19日、ツリーが似合いそうな、そんなすてきなクリスマスライブを横浜でおこなう無礼面の皆さん、そんな大事な時間の前に、会場にマエケンと飯田さんがお邪魔してしまいますが、どうぞよろしくお願いします♪
それでは、今日も一日頑張りましょう!

【2020年12月6日】
 お早うございます。今日は「音の日」です。1877年(明治10年)の今日、アメリカの発明家トーマス・エジソン(Thomas Edison、1847~1931年)が自ら発明した蓄音機「フォノグラフ」で「メリーさんの羊…」の音を録音・再生することに成功しました。
日本オーディオ協会は、オーディオの誕生日ということになるこの日を記念誌、1994年(平成6年)に、この「音の日」を制定したそうです。
 ちなみに蓄音機は、白熱電球・映写機と合わせてエジソンの三大発明と言われています。エジソンはやっぱりすごい。今音楽を楽しめるのもエジソンあってのことなのかな?
マエケンの母親は未だに録音に「カセットテープ」を使っています。何してるの?ってつっこまれそうですが、マエケンの母親も全盲でして、「明日の買い物はダイコンと…」という風に声でメモしてる感じです。でも以前にボイスレコーダー買って、「こっちのほうが使いやすいよ!」って言って渡したんですけど、やっぱり慣れている者がいいようで、難しいですね(^^)。
さあ、今日はそんなエジソンが「メリーさんの羊…」を録音し、再生できた当時の喜びに思いをはせて、何か録音してみるのもいいかもしれません♪
 最後に、視覚情報サポートラジオNeo!2月のゲスト・全盲のシンガーソングライター・大山けいしさんの新曲をご紹介します。
 「憧れの男」という曲のタイトルを聞いたとき、マエケンはけいしさんのまっすぐで素直な人柄を感じました。以前けいしさんと電話で話をした時に感じた声のイメージそのままでした。2月の番組紹介が楽しみですね♪

盲目のシンガーソングライター マエケンのポエム(過去のレビュー)→ ハイパームーン

【2020年12月5日】
 おはようございます。今日は「国際ボランティア・デー」です
。 ボランティア活動の認識を高め、コミュニケーションのネットワーク構築などを目的とし、国連は2001年(平成13年)を「国際ボランティア年」(International Year of Volunteers:IYV)に制定しました。同年の国連総会では、国連と各国政府がボランティア活動を支援する方法に関する一連の勧告を採択し、それらを広く普及させることを求めたそうです。
ボランティアとは、一般的に、自発的に他人・社会に奉仕する人またはその活動を意味し、ボランティア活動の基本理念は、公共性・自発性・先駆性だとか。
 そんな世界的なボランティアの記念日の今日、「え?私何もできないし…」とか言ってるそこのあなた、誰かのツイートに、誰かの動画やコメントに、自発的に「いいね」をつけてみませんか? 「何逸れ?」って?(笑) いやいや、だってそれも、誰かの生きる力になっているはずですから(^^)!
さあ、今日も一日頑張っていきましょう!

【2020年12月4日】
 おはようございます。今日は「E.T.の日」です。1982年(昭和57年)12月4日、SF映画「E.T.」が、日本で公開されたことにちなんで制定された記念日です。
ちなみにこの「E.T.」は、Extra-Terrestrial(地球外生命体)を略したものだとか。この映画は、アメリカでの初公開から人気を集め、観客動員数1,000万人を突破するなど大ヒットを記録しており、日本でも長いこと、興行収入が第一位でした。
ところが、1997年の「もののけ姫」(スタジオジブリ)がそれを抜きます。さらにジブリはその自らの記録を、2003年の「千と千尋の神隠し」で抜きます。マエケンも「もののけ姫」は映画館で見た記憶があります。あー、「千と千尋」はDVDだったような気がする、今考えると行っておけば良かった(^^;
というのも、2020年今もその記録(308億円)は変わらず歴代第一位のまま。そして驚きが、その下にいた第2位の「君の名は」を抜いて、今は「鬼滅の刃」が来ました。おー、すごい。これは見ないとなあ。マエケンは、DVDか動画かな(^^;
 今日のテーマのE.T.は宇宙人ですが、広い意味では私たちも宇宙人です。そして地球に住んでいる私たちは、この小さな星で今を必死に生きているみんな仲間たちだと、マエケンは想っています。どうぞ白杖をもって困っている人がいましたら一声かけてあげてください♪
それでは今日も一日頑張っていきましょう!
盲目のシンガーソングライター マエケンのポエム(過去のレビュー)→ 風邪をひきたくない

【2020年12月3日】
 おはようございます。今日は「個人タクシーの日」です。1959年(昭和34年)の今日、初めて個人タクシーの営業許可が降りたそうです。この日はタクシー不足と無謀な運転を行うタクシーの解消のため、東京都で40~50歳の3年間無事故無違反の優良運転手173人に個人タクシーの免許が許可されたとのこと。
2009年(平成21年)に50周年を迎え、これを記念して一般社団法人・全国個人タクシー協会が記念日を制定しました。
 マエケンは学生の頃タクシーのガススタンド(タクシーに燃料を入れる場所のこと)でバイト経験がありまして、「オーライ!オーライ!はい、ストップー!」って言って、後ろのトランクを開けて燃料を入れてました。今考えるとあれはギリギリだったなと…あと数年先だったらもう見えなくてできない仕事だっただろうと想います(^^;。そこではたくさんのタクシーの運転手さんからいろんな恐怖体験を聴いて震え上がっていたことを覚えています(^^)。あー、あれは帰ってから寝られなかったなあー、あ、聞きたいですか、いや、やめておこう(^^;
今日の話題の個人タクシーは、たまに見かけます。すごいのは「ベンツ」に乗ってる個人タクシー!マエケンは乗せてもらったことがないけど、「あれ、なんかすごくないですか?」って聞いたら、「あの人は運転が趣味なんだよ。」って言われた覚えがあります。運がよければベンツに乗れるかも♪
さて、その個人タクシーですが、運転手になるには一般に、10年間無事故無違反のタクシードライバーやハイヤーなどの経験が必要とされ、実は安心安全なタクシーとして認知されています。ご存じでしたか?
さあ、今日は街に出かけたら「個人」と上にくっついてるタクシーに目を向けてみるのもいいかもしれません。見えないあなたはいっそ個人タクシーに乗って今日の話題をふってみるのはいかがでしょうか?
それでは、今日も一日頑張っていきましょう!

【2020年12月2日】
 おはようございます。今日は「ビフィズス菌の日」です。フランスの小児科医のアンリ・ティシェ氏がパリの生物学会で「ビフィズス菌」の発見を発表した1899年(明治32年)12月2日にちなんで、江崎グリコ株式会社が制定したそうです。
なお、制定の趣旨は、善玉菌の代表と言われるビフィズス菌入りの食品を食べることでおなかを良い状態に保ち、健康を維持してもらおうというもの。この日は、2016年(平成28年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定されているとのこと。→な、なんと! つい最近じゃあないですか。道理でマエケンは全く知らなかったわけだ(^^;。
なんでビフィズス菌っていう名前なの?→腸内の他の乳酸菌が球状や棒状あるいは円筒状の形であるのに対し、ビフィズス菌は「V」字や「Y」字に枝分かれしている特徴的な形をもつため、ラテン語で「二又の」を表すビフィドゥス(bifidus)という語が採用されたのがきっかけとのこと。
なるほど、その形から名前が来ていたというわけですね。形から名前が来ていると言えば、今マエケンが使っている白杖。実は先っぽに「パームチップ」というものがついています。この「パーム」とは「手のひらまたは手のひらのようなもの」を意味する英語です。見た目はきのこっぽいのですけど、先がとんがっていないので、小さな穴やくぼみで、つっかかりにくいため、スムーズに歩行がしやすいです(あくまでも、マエケン個人の感覚です)。ただなあ、値段がちょっと上がりますよ…、なんとかしてほしい(^^;
さあ、それでは今日も、腸内整えて、元気に行きましょう!
盲目のシンガーソングライター マエケンのポエム(過去のレビュー)→ つづれさせコオロギの歌

【2020年12月1日】
おはようございます。今日は「映画の日」です。1896年に神戸市で日本で初めて映画が一般公開されたのを記念して、1956年に日本映画連合会(現・日本映画製作者連盟)が制定した記念日です。
この日は、日本映画界の各団体が、長年日本映画に貢献してきた人々への記念式典や上映会、トークショー、映画館の入場料割引などの事業を行っているとのこと。今日は映画料金は1000円というのが多いんじゃあないかな?見たい映画がある方は、お近くの映画館をぜひ確認してみてください♪
 マエケンは、最近は映画に行ってないです。本当は見えてれば行くのでしょうが、今は上映後に作品がDVDや動画になるのを待つのみです(と言っても、音声だけではわからないことが多いので、誰かに解説してもらいながら見るか、ネタバレ確認してから見るかですが…)。
映画館も以前とは違って、座席指定が一般的になり、しかも一回しか見れなくなったのはちょっと痛い。前は一日映画館にいて、何回も映画見てたなんてことありましたけど(あ、それは駄目なんだろうな、普通・笑)。
また、小さい頃から、夜盲症にかかっていたマエケンにとっては「座席探しの恐怖」というものが、あの暗い映画館の中ではツネにつきまとっていました。一度トイレに行って、また館内に戻って、暗い中、元の座席に戻れるかどうか…。このチャレンジというか、精神的ハードルというか、そう言ったことが小学生の頃から長いことあったんです(^^;。
あ、そう言えばここで皆さんに「映画の日」の強打からこそ、あえて記憶の再確認のためにも、聴いてみたいことがあります。皆さんは、人生で最初に見た映画は何ですか?
はい。マエケンは「ドラえもん」です(^^)。そして最後に見に行った映画は「新世紀エバンゲリオン」です(^^;。あらら、結局最初から最後までアニメ大好きだったというマエケンなのか(笑)。
さあ、たまには昔の映画でも見て、記憶の再確認してみるのも良いかもしれません。「温故知新」、明日からの自分を見つめ直す良い機会になるかもしれないです。その人にとっての昔懐かしの曲や映画は、その人にとっての今を生きる栄養剤だったりするんですよ♪
今日も一日元気いっぱい、頑張っていきましょう!

【2020年11月30日】
 おはようございます。今日は「隕石が人を直撃した日」です。1954年(昭和29年)11月30日、アメリカ・アラバマ州に、大きさ:18cm×13cm、質量: 約3.9kgの隕石の破片が落下しました。
隕石は、アラバマ州タラディーガ郡シラコーガ近辺にあったホッジス家の屋根を突き抜けて地上に到達。ホッジス家を貫いた隕石は、昼寝をしていたアン・エリザベス・ホッジス夫人をかすめ、命に別状はなかったものの、左のお尻と左の腕にひどい打撲を負ってしまったそうです。
当時、隕石落下の出来事だけでなく、「隕石が直撃し、負傷者が出た」ことは世界中で話題となり、この隕石は夫人の名前をとって、「ホッジス隕石」と名付けられたとのこと。
また現時点で、人間に当たって負傷させた確実な記録が残る唯一の隕石とされているそうです。
 マエケンとしては上空から何か落ちてきたら確実によけられないので、クリーンヒットは免れないと想います(あ、これ視覚障害は関係ないかな?・笑)。
ただ昔応援で、野球場に行ったことがあるんですが、「ビー!」って笛が鳴って、「ファウルボールにご注意ください!」ってアナウンスが入ったとき、マエケンは当時すでに結構見えてない人だったから、周りの人が上空を見てボールの行方を確認してる間、マエケンは頭をかかえてうつぶしてました(^^;。
こういう時ヤクルトファンだと傘もってそうだからファールボールよけに使えるなと、当時真剣に野球場に傘を持っていこうかと考えたことを思い出します(笑)。
「上を向いて歩こう、涙がこぼれないように…」なんて歌もありましたけど、たまには上に注意を払って歩いてみるのもいいかもしれませんね(^^)
さあ、今日も一日頑張りましょう!
盲目のシンガーソングライター マエケンのポエム(過去のレビュー)→ 蝉のヌケガラ

【2020年11月29日】
 おはようございます。今日は「いい肉の日」です。これはもうゴロ合わせで、11(いい)29(にく)だから、そのまま♪ちなみに29を「ふく」と詠んで、今日は「いい服」の日でもあるんです(^^)。
視覚に障害があると、実は結構大変なのが「洋服選び」です。お店に行っても、まさにその「いい服」のデザインや色がわからないということがあります。これに関しては、お店の方や付き添いの方に、「これは、なに色なの?とか、「このポコポコしてる所は何か書いてあるの?」とか、聴くしかないです。
ただマエケンは一応男なので(^^;、たぶん女性よりは無頓着かと想います(あ、一般論です・笑)。そんなもんだから日々日常で着る物は、もうなに色の服を着てるのかさっぱりわからんなんてことがよくあります。ただ、靴下だけは左右が色が違っちゃうとさすがにみっともないので、なるべく同じ色で統一してるんです(^^)。
 視覚に障害があっても、手触りで、服の裏表や前後ろなどはわかるので、服選びで困るのはもっぱらいろ・デザインということになるかなと想います。ところが、マエケンはたまに、裏表に着ちゃったり、前後ろ逆だったりすることがあります(これは手でさわればわかることなので、言い逃れできません…・笑)。
そんなもんだから会社で、「あれえ?マエケン、それ後ろ前逆じゃん!」なんて言われることが…。そう言うときは、「あ、あ、そう?!これ、ニューファッション♪」ってみんなに言ってます(^^;。
さあ、今日は日曜日です!スーパーのお肉コーナーとか、焼き肉屋さんとか、衣料品店とか、お店のセールで賑わいそうですね(^^)。なんか想像するだけで楽しくなってきませんか♪
今日も一日元気に頑張りましょう!

【2020年11月28日】
 おはようございます!今日は「太平洋記念日」です。おお、なんか壮大な感じがする(^^)。いきなり朝から縁起がいい気がします(笑)。
ちょうど今日からぴったり500年前、1520年の11月28日、ポルトガルの航海者フェルディナンド・マゼラン(1480~1521年)が、後に「マゼラン海峡」と命名される南米大陸南端の海峡を通過して太平洋に出たんだとか。
天候が良く平和な日が続いたため、この海を「Pacific Ocean」(平和な・穏やかな大洋=「太平洋」)と名付けたそうです。しかし、このマゼランさんは、な、なんとフィリピンで原住民に殺されてしまいます。あらら、あんまり穏やかじゃないなあ(^^;。
でも、マゼラン亡き彼の船は初めて世界を一周して帰国し、地球が丸いことを証明したのだそうです!あー、よかったよかった♪
 ちなみにマエケンの実家のすぐ近くの高校を出ている、現在は、ご当地タレントとして活躍されている小島よしおさん。彼の持ちギャグである「オッパッピー」が、Ocean pacific peaceの略だったって知ってましたか?お笑いさんが作る言葉なので、グラマティカルなことは置いておきまして(^^;、あえて言えば、「太平洋に平和を!」って感じの意味でしょうか?(笑)
さあ、今日も一日元気に頑張りましょう!

【2020年11月27日】
 おはようございます。今日は「ノーベル賞制定記念日」です。スウェーデンの化学者アルフレッド・ノーベル博士が、1895年(明治28年)に、自身の発明したダイナマイトで得た財産を人類の平和に寄付するという内容の遺言状を書いたことにちなみ、制定されました。
博士が亡くなった後、遺言に則ってノーベル財団が設立され、1901年(明治34年)にノーベル賞の第1回受賞式が行われたそうです。
ちなみに、近年では博士の命日となる12月10日に各賞の受賞式が行われています。
 今後、網膜再生がうまく行って、網膜色素変性症の治療法が確立したら、ノーベル賞じゃあないのかな?世界には網膜色素変性症患者は150万人はいると言われていますし、日本だけでも3万人はいるみたいです(マエケンを含む)。あ、もし見えるようになったらマエケンは動物をいっぱい飼いたいという野望があります。今はケンピーだけだけど…(^^;。
 今年10月に行われた網膜色素変性症を患う60代の患者への、世界初のiPs細胞から作った網膜シートの移植(臨床試験)に関して、JRPS大阪・僕らのニュースの記事が非常に詳しく書かれていたので、ご紹介します。
さあ今日も一日頑張りましょう!
盲目のシンガーソングライター マエケンのポエム(過去のレビュー)→ ハイパームーン

【2020年11月26日】
 おはようございます。今日は「いい風呂の日」です。「いい(11)ふろ(26)」(いい風呂)の語呂合わせにちなんで、浴用剤の有効性・安全性・品質確保などに関する事業を手がける日本浴用剤工業会が制定したそうです。
また、11月下旬になると、お風呂でゆっくり温まって疲れを取りたいという人が増えることから。入浴剤の効用と普及拡大をアピールすることが目的になっているとか。
 マエケンは一日に二回お風呂に入る習慣がありまして、長野県のお猿さんかってつっこまれそうですけど(^^; シャワーではだめなんですよねこれが…本当は家にサウナが欲しいなあ(^^;、。というのも以前見えてた頃はスポーツジムにせっせとかよっていた習慣がありまして、そこでサウナも利用していた感覚が今も抜けないというわけです(^^;。
実は視覚に障害があると運動が難しいです。外で一人で走るわけにもいかないし(激突は免れませんし・笑)。なので視覚障害者が安心してかよえるスポーツジムがあったらなあと、今も切実に思っています♪
盲目のシンガーソングライター マエケンのポエム→ Poem008 君に笑われたい をアップしました。こちらも昨日と同じでYouTubeアップ済みのポエムです。もちろん、マエケン先生による批評もついています。

【2020年11月25日】
 おはようございます。今日は「OLの日」です。1963年(昭和38年)のこの日、初めて「OL」という言葉が女性週刊誌『女性自身』11月25日号に載ったのにちなみ、働く女性の異業種間交流サークル「OLネットワークシステム」が1994年(平成6年)に制定しました。
以前は、職場で働く女性のことを「BG(business girl)」と呼んでいたそうなのですが、この言葉がアメリカの隠語で「娼婦」という意味があることがわかり、1963年9月12日にNHKが放送禁止用語としたそうです。これに代る言葉を『女性自身』が募集し、「OL(office lady)」という言葉を1963年11月25日発売号から使い始めたというわけです。
こういうアルファベットの略称は今の時代、特に語数が限られるようなSNSではよく使われるので、マエケンは、「ん…これどういう意味?」って一人で悩むときがあります。最近知ったのは(あ、笑われちゃうかも知れないけど)、SSWです。これ自分で使ったこと無いけど、みんな使ってるので便利そうだからそのうち使おうかな?あ、もうわかりましたよね? そう、「シンガーソングライター」です。これ長いもんなあー(^^;。
盲目のシンガーソングライター マエケンのポエム→ Poem007 もう回らない をアップしました。ちなみにここで出てくるハムスターの「ケンピー」は今もマエケンと仲良く暮らしています♪

【2020年11月24日】
 おはようございます。今日は「かつお節の日」です。「11(いい)24(節)」と読む語呂合わせにちなんで、ヤマキ株式会社がかつお節の使い方、上手な「だし」の取り方などをもっと多くの人に知ってもらおうと、この日を制定したそうです。
 鰹自体は古くから食べられている魚ですが、かつお節の技術が確立したのは室町時代。今のように保存のきくものとなったのは江戸時代で、鰹が「勝つ魚」に通じ、節が「武士」に通じることから、江戸時代には、武家を中心に贈答品の定番商品として重宝され、ここから「商品券」が誕生したと言われています。かつお節は、香りがよいだけではなく、たんぱく質や必須アミノ酸のほか、DHAも豊富に含まれているそうです。まさに健康食品ということですね(^^)。
 マエケンは「冷や奴」が大好きです。特に絹豆腐に鰹節をかけて上から醤油を垂らして、もうそれだけでおいしそう♪しかし、見えなくなってくると、だんだんお箸で食べにくくなってきます。特に豆腐は崩れるとやっかいです(^^;。なので最近はスプーンとか、ホークとか、すくい上げやすい食器を使うことが多いです(これは豆腐に限ったことではなく)。居酒屋さんに行っても、「あのー、ホークありますか?」って。「おまえは外国人かー?」ってつっこまれそうですけど(^^;。
 全盲のシンガーソングライター・大山けいしさんの「公式けいしチャンネル」の管理人こと、まりぽんさんのブログでは、また新しい動画(けいしさんが腕立てジャンプをしている様子)が紹介されています。皆さんぜひ訪問してみてください♪
今日は高校生シンガーソングライター・Ko-seiさんの最新ライブ動画(視覚情報サポートラジオHPでは公開中)を、こちらマエケンのHPでもご紹介します。いやあ、行ったなあ昔、「ランドマークタワー」。本当に高かったのを思い出します!


【2020年11月23日】
 おはようございます。今年最後の祝日が本日、「勤労感謝の日」です。1948年に制定されました。
マエケンが小学生くらいの時に、学校の先生から「働いているお父さんたちに感謝しましょう。」なんて言われたような気がしますが、正確には、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」と、国民の祝日に関する法律に記載されているそうです。「仕事を大事なものとして重んじ、その成果を喜びみんなで感謝をしあう日」と覚えるほうがわかりやすいかもしれませんね。
 ちなみに、現在も大切な行事として執り行われている、その年の収穫物を神様に捧げ感謝をし翌年も豊作であるように願う、宮中行事の「新嘗祭」というものがありますが、実は元来、11月23日はこの「新嘗祭」という名前の祭日だったそうです。
毎年ごはんが食べれるという感謝を、神様への感謝から、よりリアルな社会に反映され、実際に働いている方々への感謝に転じていったのでしょうか?(マエケンの類推)
さあ、そんな感謝の気持ちを携えて、今日も一日頑張りましょう!

【2020年11月22日】
 おはようございます。今日は「回転寿司記念日」です。大阪府東大阪市に本社を置き、回転寿司チェーン「廻る元禄寿司」を経営する元禄産業株式会社が、「回転寿司」を考案した同社元会長の白石義明氏の誕生日の1913年(大正2年)11月22日にちなんで制定されたそうです。
もともと回転寿司は、ビール製造のベルトコンベアにヒントを得て、多数の客の注文を低コストで効率的にさばくことを目的として考え出されたそうで、寿司を回転させるコンベアは、ほぼ100%が石川県で製造されているとか。
そう言えばうちの近くの「銚子丸」は今は回ってないっていってたなあ(^^;。コロナ下のこのご時世、衛生面が厳しいからかと思いますが、せっかくの記念日くらい回してあげて欲しいものですよね。でも視覚に障害があると自分でとるのが難しいから、回ってない方がいいのかな…(^^)。
 本日、夜になって、「盲目のシンガーソングライター マエケン 11月22日」をアップしました!
どうしても時期的に、新千葉高校野球部の秋季大会の結果を上げておきたかったのと、サリィに描いてもらったイラストがちょうど「冬感」のHPに合うかと思ったので、あまり遅くしたくなかったというのがあります。ただ今回、マエケンの調子が上がらないため、異例のコピー1曲(B'zのALONE)だけとなりました。ポエムは新作の2つです。どうぞご視聴よろしくお願いします。

【2020年11月21日】
おはようございます。今日は「世界テレビ・デー」です。1996年(平成8年)12月の国連総会で制定された国際デーの一つです。英語表記は「World Television Day」です。
国連加盟国に対して、平和・安全・経済・社会開発・文化交流の拡充などの問題に焦点を当てたテレビ番組の世界的な交流を促すことにより、この日を記念するよう呼びかけたとのこと。また、テレビの重要性や役割を再認識する日であり、いまだテレビの情報にアクセスできない人々へも情報提供を普及させようとする目的があるそうです。
視覚に障害がある人はテレビを見るのか?→はい、見ると言うよりは聴くでしょうか。どうせ見えないんだからラジオでいいんじゃあないの?って思う方もいらっしゃると思いますが、やっぱり聞き慣れた番組はテレビなんですよね(もちろんラジオが好きな方もいらっしゃると思いますので、一般論です)。その結果というか、その影響で、テレビが地上波からデジタルに切り替えの際は、テレビが聴けるラジオ(音声のみ)は結構売れてましたよ(^^)。
おっと、今日はマエケンのお友達の時田さんが、なんとまた朝日新聞に投稿記事が掲載されましたので、ご紹介します!自分の命の恩人に37年ぶりに再会するという本当に感動的なお話です。朝日新聞デジタル(会員記事)→ (声)37年前の事故、命の恩人と対面
 突然ですが、マエケン監督の指示により、マエケントレーニング・11月20日の動画を本日非公開にしました。マエケンの声の調子があがらないのが原因です。

【2020年11月20日】
 おはようございます。今日は「ピザの日」です。凸版印刷が1995年(平成7年)に、ピザをイタリア文化のシンボルとしてPRする日として制定しました。また、ピザ業界の発展を目指して結成された「ピザ協議会」も「ピザの日」を制定しています。
日付の由来はピザの原型であるピッツァ・マルゲリータの名前の由来となったナポリ国王・ウンベルト1世の妻・マルゲリータの誕生日です。1889年にイタリアのナポリを訪れた王妃はピザ職人からトマトの赤・バジルの緑・モッツァレラチーズの白のイタリア国旗の色を模したピザを贈られました。王妃はこれを大変気に入ってその名を冠するピザが誕生したといいます。
 さて、マエケンとしてはここで疑問が一つ。ピザ協議会がこの日を制定するのはわかるんだけど、何で凸版印刷なの?→ なんと凸版印刷は 「ピザの日」だけでなく、12月3日の「妻の日」も同じく1995年に日本記念日協会に申請しているそうです。どちらにしても凸版印刷とはほぼ関係がなさそうな…(^^;。でもきっと印刷会社だから何かを記念に残すという志がそれに向かわせたのだろうと、マエケンは勝手に類推しましたよ(^^)。
 マエケンの好物の一つがピザまんです♪コンビニにあると、高い確率で買っちゃいます。最近は夏でもコンビニで見かけることが多くなり、年中食べれて本当にうれしいです(^^)。そんな気持ちを描いたマエケンのポエムがありました→ Poem001 ホカホカ奇跡
あ、マエケンが運営する公式HPですが、今日から「冬感」に模様替えしました。全体に水色っぽい仕上がりになっているかと思います。タイトルの右にはそりにのる子供のイラスト、左にはマフラーでつながった二つの雪だるま。画像は読み上げませんので簡単にご紹介しておきました(^^)。今後は季節毎に変化する予定です♪
大変お待たせしました!「盲目のシンガーソングライター マエケン 11月20日」を本日の夜にアップ予定です。HPが冬バージョンになったのと、サリィに描いてもらった絵が冬バージョンだっったというのもあり、結構マエケンの演奏がやばいのですが、そこは楽曲数を減らすなど、あとは我慢で対応しました(^^;。追加のポエムとしてはFacebookで公開している「君に笑われたい」「もう回らない」の二本です。いずれも朗読用に編集してあります。また新千葉高校野球部は秋季大会を終えて、次に向かう話の流れになっています。

【2020年11月19日】
 おはようございます。今日は「世界トイレの日(WORLD TOILET DAY)」です。下水処理から屋外排泄の根絶まで、多岐に渡る衛生の問題提起ならびに政策化を促進するために、国連は、2013年7月24日の総会で、この日を定めました。
なんで「トイレの日」を作ったのか?→ 実は世界では3人にひとりがトイレを使えていません。トイレがない人たちは、バケツやビニール袋に排泄物を入れたり、屋外で排泄をしたりしています。排泄物には、病気を引き起こす細菌がたくさん含まれています。トイレがないところでは、細菌たちがさまざまな所から体内に侵入。それらが原因で、免疫力の弱い子どもたちは下痢を発症し世界で1日に800人以上が、命を落としているそうです。
なるほど、そんなトイレにまつわる問題を、世界のみんなで考え、少しでも改善していこうと、国連が制定したというわけですね、すばらしい(^^)。 あ、そこのあなた。ひょっとして聴きたくなりましたか?植村かなさんのあの歌!→ 2020年3月「トイレの神様」植村カナ 東京・秋葉原にあるミュージックスペース、【TOKYOITE!(トーキョーアイト!)】がお届けする動画型ライブ
 実は視覚障害者にとって、外出先でのトイレの問題は結構重大です。もしアンケートをとったら、外出先で不安に思うことのランキング上位三つくらいには入るのではないかな?お、この辺は「おっくんのYouTubeチャンネル」でやってほしいところです。今度リクエストしてみよう♪あ、おっくんにまだスーパーライブ2020でのチャットのお礼を言ってなかった(^^;。
 盲目のシンガーソングライター マエケンの作詞作曲講座→ 第14回 ダイアトニック進行・Bメジャー(簡易版)を覚えようを追加しました。とりあえずダイアトニックの簡易版が7階まで来てひと段落です♪

 今日は最後に、無礼面・ツネゾウ隊長のカバーを一曲ご紹介します♪(^^)→ ツネ蔵カバー「ソリティアSolitaire/Carpenters」
 ツネゾウ隊長、無礼面の歌はいつも心にぐっと来ますね♪それでは、今日も一日頑張りましょう!


【2020年11月18日】
 おはようございます。今日は「音楽著作権の日」です。1939年(昭和14年)の今日、日本音楽著作権協会(JASRAC)が設立されました。「JASRAC」は、音楽の著作物の著作権を保護し、あわせて音楽の著作物の利用の円滑を図り、音楽文化の普及発展に寄与することを目的としているそうです。
なお、楽曲の著作権とはその曲を作った人に付与されるものですが、マエケンの作詞作曲講座でもお話ししたように、「詞とメロディー」が対象となるものであって、そこにつけた伴奏に当たるコードは著作権には含まれません。意外と知られていないんですよ…これ(^^;。
 2008年にYouTubeとJASRACが、一般の人がアップする動画の、その楽曲使用について包括契約を結んでくれたおかげで、現在のように堂々と「弾き語り」などアップすることが可能になりました。ただし注意が必要なのは、自分で楽器を使って演奏している、または自分でDTMなどで制作したバックを作って、演奏していることが条件の一つになります。
というのも、CDの音源やネット上で配信されている音源は、「著作隣接権」といって、JASRACとはまた別の著作権が、各レコード会社に存在するからです。またカラオケの音源もダムのようなカラオケ制作会社に著作隣接県があります。なので、それらを使ってYouTubeにアップすると著作権法違反となり、いつのまにかコンテンツIDのAIロボットが回ってきて、動画を削除されていた…なんてことがよくあるものです。特に今回のコロナの影響で、音楽関係業者の収入が激減したのか(マエケンの類推)、とにかく今年3月から取り締まりが急激に厳しくなっています。
また、コピーをする場合、マエケンのようなボランティアシンガーソングライターであればよいのですが、収益が絡んでくる方は要注意です。弾き語りをしても、DTMで作っても、別途収益が出る場合は、YouTubeとJASRACの包括合意からは外れてしまいます。マエケンがいつも、オリジナルを勧める理由はここにもあるのです。皆さんもぜひ動画をアップするにあたっては、気をつけてくださいね(^^)。

以下、履歴情報のリンクです:
履歴情報 004 【2020年11月17日→2020年11月1日】 
履歴情報 003 【2020年10月31日→2020年10月17日】 
履歴情報 002 【2020年10月16日→2020年9月19日】 
履歴情報 001 【2020年9月17日→2020年8月24日】 

ページトップ