メニューを飛ばして本文へ ▼ メニュー ▼
ホーム  スーパーライブ  視覚情報サポートラジオ  プロフィール  作詞作曲講座  ポエム
本文はここから



お、イントロからようやく落ち着いてきました♪ようやく冷静になれたかな、このバカケンジは(^^;。
はい。ということで、こんにちは。盲目のシンガーソングライター マエケンです!
さあ、今回は前回のC→F→G→Cの基本パターンのコードの流れを、ドミナントはそのままに、曲調を暗くするもしくは渋くするために、マイナーコードの代理和音で弾いてみます。
代理和音とは本来の基本パターンのコードを、気分で入れ替えられるコードのこと。いろいろあるけど、今回はまず、マイナーコードでやっていくよ!
実はコードには、明るいイメージのメジャーコードと、暗いイメージのマイナーコードがあります。これはまるで、電荷を帯びた素粒子が、プラスとマイナスの関係のように互いに結びついているというか、ツネに表裏一体にあり、入れ替えることが可能だと考えてもらえるといいかな?と思います。
あ、ちょっとわかりづらいかな?とにかく気分で入れ替えてよいコード、それが代理和音で、今回はそのマイナーコードを使ってみようという講座です。
Cの代理和音はAm(エイマイナー)。Fの代理和音はDm(ディーマイナー)です。
それではC→F→G→Cの基本パターンにある、C(ここではトニック)にまずはAmを入れてみよう!
Am→F→G→Am。どうですか?
なんか明るいイメージが変化しましたよね。暗いというか、渋いというか(^^;。
もちろん、F(サブドミナント)も気分次第でDmに変えていいんです。
Am→Dm→G→Am。どうですか?さらに暗めに、渋くなった気がしませんか。
もちろん、あ、やっぱりトニックはCの方が明るくていいなあ。でもサブドミナントはDmが好きだわ…。というのも全然OKです。ちょっと弾いてみましょう!
C→Dm→G→C。どうですか?サブドミナントは渋く、後は明るくさわやかな感じがしませんか?
もちろん、上のパターンのトニックを最初はAmにしてもいいですし、とにかく口ずさむあなたのメロディーに併せて自由に変更できます。
コード付けは気分次第。ぶっちゃけあなたのメロディーに、選んだそのコードがうまく合い、あなたが納得いけばそれでいいのです。
はい、今回はここまでです。
では、第4回でお会いしましょう!

第1回 C→G→C
第2回 C→F→G→C
第4回 口ずさむメロディーにコードをつけてみよう 
第5回 GをEmまたはEに代えてみよう
  第6回 ダイアトニック進行(簡易版)を覚えよう
第7回 ダイアトニック進行・Aマイナー(簡易版)を覚えよう

ページトップ