メニューを飛ばして本文へ ▼ メニュー ▼
ホーム  スーパーライブ  視覚情報サポートラジオ  プロフィール  作詞作曲講座  ポエム
本文はここから



皆さん、こんにちは! 盲目のシンガーソングライター マエケンです!
今回からは、ちょっとずつ、コードについて新しい知識が入ってきます。ただマエケン自身が頭が悪いので、あんまりいっきにやられると理解できないタイプだったため、この口座では少しずつやっていきます!
それでは、C→F→G→Cの基本パターンはもう大丈夫かと思いますが、
このトニックCに、第3回では代理コードとして、Am(エイマイナー)をあてました。また、サブドミナントFにはDm(ディーマイナー)をあてました。
ちょっとそれを思い出してもらえると、Am→Dm→G→Amの流れが思い出せるかと思います。
今回は、もしドミナントGが、ちょっと明るすぎるな?みたいな、もっと暗い曲調にしたいなという場合、
Gの代理コードである、Em(イーマイナー)を使ってみましょう。
さっそく弾きましょう、Am→Dm→Em→Amです。どうですか? 暗くなりますよね!
さらに、もう一つポップやロック、演歌などでもよく使われる、このドミナントをメジャーコードにしたバージョンもできるようにしましょう。
つまり、Em(イーマイナー)をEにします。これに代えることで、よりメロディックな響き、よりエモい感じが出せるんです。
さっそく弾きましょう、Am→Dm→E→Amです。どうですか? 暗さの中にもちょっと、ゴージャスみたいな、エモい感じがしませんか?
あなたの口ずさむメロディーラインに合わせて、ドミナントをGにしたり、Em(イーマイナー)または、Eにしたりと、いろいろ試行錯誤してみてください♪
では、第6回でお会いしましょう!

第1回 C→G→C
第2回 C→F→G→C
第3回 Am→Dm→G→Am
第4回 口ずさむメロディーにコードをつけてみよう 
第6回 ダイアトニック進行(簡易版)を覚えよう
第7回 ダイアトニック進行・Aマイナー(簡易版)を覚えよう

ページトップ