メニューを飛ばして本文へ ▼ メニュー ▼
ホーム  スーパーライブ  視覚情報サポートラジオ  プロフィール  作詞作曲講座  ポエム
本文はここから



はい、盲目のシンガーソングライター マエケンです!
今回のイントロは、Am→Dm→Em→Amを二回繰り返すパターンで作りました。
すべてC→F→G→Cをマイナーコード(代理和音)で置き換えたものと考えてもよいでしょう。
なんか暗いイメージのメロディーラインになりましたよね。
実は曲のコードの流れには、暗い・明るいといった曲調、マイナーキーとメジャーキーというのがあって、
今回のようにマイナーコードで始まり、マイナーコードで終わるような曲はマイナーキー・短調といいます。
前回やったようなCメジャーで始まり、Cメジャーで終わるようなパターンはメジャーキー・長調ということになります。
ただ、キーと聞くと、カラオケに行った時、「キーがあわなくて、ちょっと下げてくれない?」とか、「上げてくれない?」みたいな、そんな経験ないですか?
キーには、もちろん、上下のキーもあります。
イロハニホヘト・A B C D E F Gみたいな、ビルに例えると7階建てみたいな感じ。
今回は横のキーのこと。しかもマイナー・メジャーの二種類しかないので、簡単。
この二つの関係は、使うコードも同じだから、新しく覚えることはなく、考え方がわかればそれでOKです。
さっそく、前回やったCメジャーのダイアトニックのコードの流れを、
Amのダイアトニックのコードの流れに代えていきましょう!
まずは、Cメジャーのダイアトニックの確認です。
C→Dm→Em→F→G→Am→Bm7フラット5(荷物置き場)
このAmとBm7フラット5を先頭に移動すれば、Amで始まるダイアトニックのコードラインが完成します。
Am→Bm7フラット5(荷物置き場)→C→Dm→Em→F→G
はい、できました!
シンガーソングライターが曲を作る上で、大事なのは、何度もやってきましたが、
トニック(1)→サブドミナント(4)→ドミナント(5)→トニック(1)、の基本パターン。
この、1→4→5の流れをマイナーキーで作るときも意識しましょう。
Amから見て、4はDmで、5はEmです。
そうすると、Am→Dm→Emの基本パターンができましたね。
もちろん、これは基本パターンですので、音声でも説明していますが、
代理和音の関係にあるDmとF、EmとGは入れ替えてもOKなので、
Am→F→Emとか、Am→Dm→Gとか、
Am→F→Gとか色々メロディーに合わせて代えてみてもいいと思います。
こういった代理和音を使うというのはCメジャーでも、講座の最初の方でやってます。
よりコードパターンの広いオリジナルを目指して、スタートできそうですね。
それでは、第8回でお会いしましょう!

第1回 C→G→C
第2回 C→F→G→C
第3回 Am→Dm→G→Am
第4回 口ずさむメロディーにコードをつけよう
第5回 GをEmまたはEに代えてみよう
第6回 ダイアトニック進行(簡易版)を覚えよう
第8回 ダイアトニック進行・Dメジャー(簡易版)を覚えよう

ページトップ