メニューを飛ばして本文へ ▼ メニュー ▼
ホーム  スーパーライブ  視覚情報サポートラジオ  プロフィール  作詞作曲講座  ポエム  Facebook  twitter 
本文はここから

盲目のシンガーソングライター マエケン 「サリィによるポエムの朗読とマエケンのギター弾き語り練習のコラボで、新千葉高校野球部が甲子園を目指すという、世にも不思議なラジオドキュメンタリー!」


▽日替わり朗読コーナー▽ 「Retinitis Pigmentosa ~網膜色素変性症~」 作詞作曲:マエケン 朗読:サリィ


▼ 新着情報 ▼
【2020年11月29日】
 おはようございます。今日は「いい肉の日」です。これはもうゴロ合わせで、11(いい)29(にく)だから、そのまま♪ちなみに29を「ふく」と詠んで、今日は「いい服」の日でもあるんです(^^)。
視覚に障害があると、実は結構大変なのが「洋服選び」です。お店に行っても、まさにその「いい服」のデザインや色がわからないということがあります。これに関しては、お店の方や付き添いの方に、「これは、なに色なの?とか、「このポコポコしてる所は何か書いてあるの?」とか、聴くしかないです。
ただマエケンは一応男なので(^^;、たぶん女性よりは無頓着かと想います(あ、一般論です・笑)。そんなもんだから日々日常で着る物は、もうなに色の服を着てるのかさっぱりわからんなんてことがよくあります。ただ、靴下だけは左右が色が違っちゃうとさすがにみっともないので、なるべく同じ色で統一してるんです(^^)。
 視覚に障害があっても、手触りで、服の裏表や前後ろなどはわかるので、服選びで困るのはもっぱらいろ・デザインということになるかなと想います。ところが、マエケンはたまに、裏表に着ちゃったり、前後ろ逆だったりすることがあります(これは手でさわればわかることなので、言い逃れできません…・笑)。
そんなもんだから会社で、「あれえ?マエケン、それ後ろ前逆じゃん!」なんて言われることが…。そう言うときは、「あ、あ、そう?!これ、ニューファッション♪」ってみんなに言ってます(^^;。
さあ、今日は日曜日です!スーパーのお肉コーナーとか、焼き肉屋さんとか、衣料品店とか、お店のセールで賑わいそうですね(^^)。なんか想像するだけで楽しくなってきませんか♪
今日も一日元気に頑張りましょう!

【2020年11月28日】
 おはようございます!今日は「太平洋記念日」です。おお、なんか壮大な感じがする(^^)。いきなり朝から縁起がいい気がします(笑)。
ちょうど今日からぴったり500年前、1520年の11月28日、ポルトガルの航海者フェルディナンド・マゼラン(1480~1521年)が、後に「マゼラン海峡」と命名される南米大陸南端の海峡を通過して太平洋に出たんだとか。
天候が良く平和な日が続いたため、この海を「Pacific Ocean」(平和な・穏やかな大洋=「太平洋」)と名付けたそうです。しかし、このマゼランさんは、な、なんとフィリピンで原住民に殺されてしまいます。あらら、あんまり穏やかじゃないなあ(^^;。
でも、マゼラン亡き彼の船は初めて世界を一周して帰国し、地球が丸いことを証明したのだそうです!あー、よかったよかった♪
 ちなみにマエケンの実家のすぐ近くの高校を出ている、現在は、ご当地タレントとして活躍されている小島よしおさん。彼の持ちギャグである「オッパッピー」が、Ocean pacific peaceの略だったって知ってましたか?お笑いさんが作る言葉なので、グラマティカルなことは置いておきまして(^^;、あえて言えば、「太平洋に平和を!」って感じの意味でしょうか?(笑)
さあ、今日も一日元気に頑張りましょう!

【2020年11月27日】
 おはようございます。今日は「ノーベル賞制定記念日」です。スウェーデンの化学者アルフレッド・ノーベル博士が、1895年(明治28年)に、自身の発明したダイナマイトで得た財産を人類の平和に寄付するという内容の遺言状を書いたことにちなみ、制定されました。
博士が亡くなった後、遺言に則ってノーベル財団が設立され、1901年(明治34年)にノーベル賞の第1回受賞式が行われたそうです。
ちなみに、近年では博士の命日となる12月10日に各賞の受賞式が行われています。
 今後、網膜再生がうまく行って、網膜色素変性症の治療法が確立したら、ノーベル賞じゃあないのかな?世界には網膜色素変性症患者は150万人はいると言われていますし、日本だけでも3万人はいるみたいです(マエケンを含む)。あ、もし見えるようになったらマエケンは動物をいっぱい飼いたいという野望があります。今はケンピーだけだけど…(^^;。
 今年10月に行われた網膜色素変性症を患う60代の患者への、世界初のiPs細胞から作った網膜シートの移植(臨床試験)に関して、JRPS大阪・僕らのニュースの記事が非常に詳しく書かれていたので、ご紹介します。
さあ今日も一日頑張りましょう!

【2020年11月26日】
 おはようございます。今日は「いい風呂の日」です。「いい(11)ふろ(26)」(いい風呂)の語呂合わせにちなんで、浴用剤の有効性・安全性・品質確保などに関する事業を手がける日本浴用剤工業会が制定したそうです。
また、11月下旬になると、お風呂でゆっくり温まって疲れを取りたいという人が増えることから。入浴剤の効用と普及拡大をアピールすることが目的になっているとか。
 マエケンは一日に二回お風呂に入る習慣がありまして、長野県のお猿さんかってつっこまれそうですけど(^^; シャワーではだめなんですよねこれが…本当は家にサウナが欲しいなあ(^^;、。というのも以前見えてた頃はスポーツジムにせっせとかよっていた習慣がありまして、そこでサウナも利用していた感覚が今も抜けないというわけです(^^;。
実は視覚に障害があると運動が難しいです。外で一人で走るわけにもいかないし(激突は免れませんし・笑)。なので視覚障害者が安心してかよえるスポーツジムがあったらなあと、今も切実に思っています♪
盲目のシンガーソングライター マエケンのポエム→ Poem008 君に笑われたい をアップしました。こちらも昨日と同じでYouTubeアップ済みのポエムです。もちろん、マエケン先生による批評もついています。

【2020年11月25日】
 おはようございます。今日は「OLの日」です。1963年(昭和38年)のこの日、初めて「OL」という言葉が女性週刊誌『女性自身』11月25日号に載ったのにちなみ、働く女性の異業種間交流サークル「OLネットワークシステム」が1994年(平成6年)に制定しました。
以前は、職場で働く女性のことを「BG(business girl)」と呼んでいたそうなのですが、この言葉がアメリカの隠語で「娼婦」という意味があることがわかり、1963年9月12日にNHKが放送禁止用語としたそうです。これに代る言葉を『女性自身』が募集し、「OL(office lady)」という言葉を1963年11月25日発売号から使い始めたというわけです。
こういうアルファベットの略称は今の時代、特に語数が限られるようなSNSではよく使われるので、マエケンは、「ん…これどういう意味?」って一人で悩むときがあります。最近知ったのは(あ、笑われちゃうかも知れないけど)、SSWです。これ自分で使ったこと無いけど、みんな使ってるので便利そうだからそのうち使おうかな?あ、もうわかりましたよね? そう、「シンガーソングライター」です。これ長いもんなあー(^^;。
盲目のシンガーソングライター マエケンのポエム→ Poem007 もう回らない をアップしました。ちなみにここで出てくるハムスターの「ケンピー」は今もマエケンと仲良く暮らしています♪

【2020年11月24日】
 おはようございます。今日は「かつお節の日」です。「11(いい)24(節)」と読む語呂合わせにちなんで、ヤマキ株式会社がかつお節の使い方、上手な「だし」の取り方などをもっと多くの人に知ってもらおうと、この日を制定したそうです。
 鰹自体は古くから食べられている魚ですが、かつお節の技術が確立したのは室町時代。今のように保存のきくものとなったのは江戸時代で、鰹が「勝つ魚」に通じ、節が「武士」に通じることから、江戸時代には、武家を中心に贈答品の定番商品として重宝され、ここから「商品券」が誕生したと言われています。かつお節は、香りがよいだけではなく、たんぱく質や必須アミノ酸のほか、DHAも豊富に含まれているそうです。まさに健康食品ということですね(^^)。
 マエケンは「冷や奴」が大好きです。特に絹豆腐に鰹節をかけて上から醤油を垂らして、もうそれだけでおいしそう♪しかし、見えなくなってくると、だんだんお箸で食べにくくなってきます。特に豆腐は崩れるとやっかいです(^^;。なので最近はスプーンとか、ホークとか、すくい上げやすい食器を使うことが多いです(これは豆腐に限ったことではなく)。居酒屋さんに行っても、「あのー、ホークありますか?」って。「おまえは外国人かー?」ってつっこまれそうですけど(^^;。
 全盲のシンガーソングライター・大山けいしさんの「公式けいしチャンネル」の管理人こと、まりぽんさんのブログでは、また新しい動画(けいしさんが腕立てジャンプをしている様子)が紹介されています。皆さんぜひ訪問してみてください♪
今日は高校生シンガーソングライター・Ko-seiさんの最新ライブ動画(視覚情報サポートラジオHPでは公開中)を、こちらマエケンのHPでもご紹介します。いやあ、行ったなあ昔、「ランドマークタワー」。本当に高かったのを思い出します!


【2020年11月23日】
 おはようございます。今年最後の祝日が本日、「勤労感謝の日」です。1948年に制定されました。
マエケンが小学生くらいの時に、学校の先生から「働いているお父さんたちに感謝しましょう。」なんて言われたような気がしますが、正確には、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」と、国民の祝日に関する法律に記載されているそうです。「仕事を大事なものとして重んじ、その成果を喜びみんなで感謝をしあう日」と覚えるほうがわかりやすいかもしれませんね。
 ちなみに、現在も大切な行事として執り行われている、その年の収穫物を神様に捧げ感謝をし翌年も豊作であるように願う、宮中行事の「新嘗祭」というものがありますが、実は元来、11月23日はこの「新嘗祭」という名前の祭日だったそうです。
毎年ごはんが食べれるという感謝を、神様への感謝から、よりリアルな社会に反映され、実際に働いている方々への感謝に転じていったのでしょうか?(マエケンの類推)
さあ、そんな感謝の気持ちを携えて、今日も一日頑張りましょう!

【2020年11月22日】
 おはようございます。今日は「回転寿司記念日」です。大阪府東大阪市に本社を置き、回転寿司チェーン「廻る元禄寿司」を経営する元禄産業株式会社が、「回転寿司」を考案した同社元会長の白石義明氏の誕生日の1913年(大正2年)11月22日にちなんで制定されたそうです。
もともと回転寿司は、ビール製造のベルトコンベアにヒントを得て、多数の客の注文を低コストで効率的にさばくことを目的として考え出されたそうで、寿司を回転させるコンベアは、ほぼ100%が石川県で製造されているとか。
そう言えばうちの近くの「銚子丸」は今は回ってないっていってたなあ(^^;。コロナ下のこのご時世、衛生面が厳しいからかと思いますが、せっかくの記念日くらい回してあげて欲しいものですよね。でも視覚に障害があると自分でとるのが難しいから、回ってない方がいいのかな…(^^)。
 本日、夜になって、「盲目のシンガーソングライター マエケン 11月22日」をアップしました!
どうしても時期的に、新千葉高校野球部の秋季大会の結果を上げておきたかったのと、サリィに描いてもらったイラストがちょうど「冬感」のHPに合うかと思ったので、あまり遅くしたくなかったというのがあります。ただ今回、マエケンの調子が上がらないため、異例のコピー1曲(B'zのALONE)だけとなりました。ポエムは新作の2つです。どうぞご視聴よろしくお願いします。

【2020年11月21日】
おはようございます。今日は「世界テレビ・デー」です。1996年(平成8年)12月の国連総会で制定された国際デーの一つです。英語表記は「World Television Day」です。
国連加盟国に対して、平和・安全・経済・社会開発・文化交流の拡充などの問題に焦点を当てたテレビ番組の世界的な交流を促すことにより、この日を記念するよう呼びかけたとのこと。また、テレビの重要性や役割を再認識する日であり、いまだテレビの情報にアクセスできない人々へも情報提供を普及させようとする目的があるそうです。
視覚に障害がある人はテレビを見るのか?→はい、見ると言うよりは聴くでしょうか。どうせ見えないんだからラジオでいいんじゃあないの?って思う方もいらっしゃると思いますが、やっぱり聞き慣れた番組はテレビなんですよね(もちろんラジオが好きな方もいらっしゃると思いますので、一般論です)。その結果というか、その影響で、テレビが地上波からデジタルに切り替えの際は、テレビが聴けるラジオ(音声のみ)は結構売れてましたよ(^^)。
おっと、今日はマエケンのお友達の時田さんが、なんとまた朝日新聞に投稿記事が掲載されましたので、ご紹介します!自分の命の恩人に37年ぶりに再会するという本当に感動的なお話です。朝日新聞デジタル(会員記事)→ (声)37年前の事故、命の恩人と対面
 突然ですが、マエケン監督の指示により、マエケントレーニング・11月20日の動画を本日非公開にしました。マエケンの声の調子があがらないのが原因です。

【2020年11月20日】
 おはようございます。今日は「ピザの日」です。凸版印刷が1995年(平成7年)に、ピザをイタリア文化のシンボルとしてPRする日として制定しました。また、ピザ業界の発展を目指して結成された「ピザ協議会」も「ピザの日」を制定しています。
日付の由来はピザの原型であるピッツァ・マルゲリータの名前の由来となったナポリ国王・ウンベルト1世の妻・マルゲリータの誕生日です。1889年にイタリアのナポリを訪れた王妃はピザ職人からトマトの赤・バジルの緑・モッツァレラチーズの白のイタリア国旗の色を模したピザを贈られました。王妃はこれを大変気に入ってその名を冠するピザが誕生したといいます。
 さて、マエケンとしてはここで疑問が一つ。ピザ協議会がこの日を制定するのはわかるんだけど、何で凸版印刷なの?→ なんと凸版印刷は 「ピザの日」だけでなく、12月3日の「妻の日」も同じく1995年に日本記念日協会に申請しているそうです。どちらにしても凸版印刷とはほぼ関係がなさそうな…(^^;。でもきっと印刷会社だから何かを記念に残すという志がそれに向かわせたのだろうと、マエケンは勝手に類推しましたよ(^^)。
 マエケンの好物の一つがピザまんです♪コンビニにあると、高い確率で買っちゃいます。最近は夏でもコンビニで見かけることが多くなり、年中食べれて本当にうれしいです(^^)。そんな気持ちを描いたマエケンのポエムがありました→ Poem001 ホカホカ奇跡
あ、マエケンが運営する公式HPですが、今日から「冬感」に模様替えしました。全体に水色っぽい仕上がりになっているかと思います。タイトルの右にはそりにのる子供のイラスト、左にはマフラーでつながった二つの雪だるま。画像は読み上げませんので簡単にご紹介しておきました(^^)。今後は季節毎に変化する予定です♪
大変お待たせしました!「盲目のシンガーソングライター マエケン 11月20日」を本日の夜にアップ予定です。HPが冬バージョンになったのと、サリィに描いてもらった絵が冬バージョンだっったというのもあり、結構マエケンの演奏がやばいのですが、そこは楽曲数を減らすなど、あとは我慢で対応しました(^^;。追加のポエムとしてはFacebookで公開している「君に笑われたい」「もう回らない」の二本です。いずれも朗読用に編集してあります。また新千葉高校野球部は秋季大会を終えて、次に向かう話の流れになっています。

【2020年11月19日】
 おはようございます。今日は「世界トイレの日(WORLD TOILET DAY)」です。下水処理から屋外排泄の根絶まで、多岐に渡る衛生の問題提起ならびに政策化を促進するために、国連は、2013年7月24日の総会で、この日を定めました。
なんで「トイレの日」を作ったのか?→ 実は世界では3人にひとりがトイレを使えていません。トイレがない人たちは、バケツやビニール袋に排泄物を入れたり、屋外で排泄をしたりしています。排泄物には、病気を引き起こす細菌がたくさん含まれています。トイレがないところでは、細菌たちがさまざまな所から体内に侵入。それらが原因で、免疫力の弱い子どもたちは下痢を発症し世界で1日に800人以上が、命を落としているそうです。
なるほど、そんなトイレにまつわる問題を、世界のみんなで考え、少しでも改善していこうと、国連が制定したというわけですね、すばらしい(^^)。 あ、そこのあなた。ひょっとして聴きたくなりましたか?植村かなさんのあの歌!→ 2020年3月「トイレの神様」植村カナ 東京・秋葉原にあるミュージックスペース、【TOKYOITE!(トーキョーアイト!)】がお届けする動画型ライブ
 実は視覚障害者にとって、外出先でのトイレの問題は結構重大です。もしアンケートをとったら、外出先で不安に思うことのランキング上位三つくらいには入るのではないかな?お、この辺は「おっくんのYouTubeチャンネル」でやってほしいところです。今度リクエストしてみよう♪あ、おっくんにまだスーパーライブ2020でのチャットのお礼を言ってなかった(^^;。
 盲目のシンガーソングライター マエケンの作詞作曲講座→ 第14回 ダイアトニック進行・Bメジャー(簡易版)を覚えようを追加しました。とりあえずダイアトニックの簡易版が7階まで来てひと段落です♪

 今日は最後に、無礼面・ツネゾウ隊長のカバーを一曲ご紹介します♪(^^)→ ツネ蔵カバー「ソリティアSolitaire/Carpenters」
 ツネゾウ隊長、無礼面の歌はいつも心にぐっと来ますね♪それでは、今日も一日頑張りましょう!


【2020年11月18日】
 おはようございます。今日は「音楽著作権の日」です。1939年(昭和14年)の今日、日本音楽著作権協会(JASRAC)が設立されました。「JASRAC」は、音楽の著作物の著作権を保護し、あわせて音楽の著作物の利用の円滑を図り、音楽文化の普及発展に寄与することを目的としているそうです。
なお、楽曲の著作権とはその曲を作った人に付与されるものですが、マエケンの作詞作曲講座でもお話ししたように、「詞とメロディー」が対象となるものであって、そこにつけた伴奏に当たるコードは著作権には含まれません。意外と知られていないんですよ…これ(^^;。
 2008年にYouTubeとJASRACが、一般の人がアップする動画の、その楽曲使用について包括契約を結んでくれたおかげで、現在のように堂々と「弾き語り」などアップすることが可能になりました。ただし注意が必要なのは、自分で楽器を使って演奏している、または自分でDTMなどで制作したバックを作って、演奏していることが条件の一つになります。
というのも、CDの音源やネット上で配信されている音源は、「著作隣接権」といって、JASRACとはまた別の著作権が、各レコード会社に存在するからです。またカラオケの音源もダムのようなカラオケ制作会社に著作隣接県があります。なので、それらを使ってYouTubeにアップすると著作権法違反となり、いつのまにかコンテンツIDのAIロボットが回ってきて、動画を削除されていた…なんてことがよくあるものです。特に今回のコロナの影響で、音楽関係業者の収入が激減したのか(マエケンの類推)、とにかく今年3月から取り締まりが急激に厳しくなっています。
また、コピーをする場合、マエケンのようなボランティアシンガーソングライターであればよいのですが、収益が絡んでくる方は要注意です。弾き語りをしても、DTMで作っても、別途収益が出る場合は、YouTubeとJASRACの包括合意からは外れてしまいます。マエケンがいつも、オリジナルを勧める理由はここにもあるのです。皆さんもぜひ動画をアップするにあたっては、気をつけてくださいね(^^)。

以下、履歴情報のリンクです:
履歴情報 004 【2020年11月17日→2020年11月1日】 
履歴情報 003 【2020年10月31日→2020年10月17日】 
履歴情報 002 【2020年10月16日→2020年9月19日】 
履歴情報 001 【2020年9月17日→2020年8月24日】 

ページトップ